猫がネコクサを食べない理由

埼玉県北葛飾郡飯塚園芸では、ペットの猫に食べていただきやすいネコクサを販売しております。皆さんの中にもこれからペットの猫にネコクサを食べて欲しいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、興味深いことにすべての猫がネコクサを食べるとは限らないところがあります。そこで今回は、猫がネコクサを食べない理由についてお伝えします。

猫であればすべてネコクサを食べないというのは、すべての人間が大多数の人間が好きな食べ物を好き好んで食べるわけではないのと同じです。例えば、普段からキャットフードしか与えてこられなかった猫に対して、いきなりネコクサを与えてみても慣れていないと、そもそも食べ物であると認識をしていない可能性もあります。幼少期からネコクサに触れる機会がどれほどあったかということも影響します。

埼玉県北葛飾郡飯塚園芸では、主に道の駅でネコクサ、ポインセチア、パンジー等の生け花の卸売りをさせて頂いております。ネコクサ(ペットグラス)はペットが食べても害がないので、ペットの健康のために是非ご利用下さい。無農薬で大切に育てました植物を栽培しておりますので、ご用命の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ネコクサを控えていることによるデメリットの対処法

埼玉県北葛飾郡飯塚園芸では、猫に食べてもらえるネコクサを販売しております。皆さんの中にも飼っているペットの猫が普段からネコクサを食べているものの、ある時嘔吐などをしてしまって食べられなくなってしまうということでお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。猫がネコクサを食べないでいると、いくつかの問題も起こりますが、今回はその対処法についてお伝えします。

まず第一に、毛球症への対策として、日ごろから丁寧にブラッシングをしてあげるということやキャットフードに食物繊維が多く含まれているのを選んであげるのもよいでしょう。また、便秘対策としては便秘対策サプリメントがありますので、是非お試しいただければと思います。そして、ストレス対策としては、日ごろの生活環境を見直していただいたり、意識的に遊ぶための時間をとってみても良いでしょう。

埼玉県北葛飾郡飯塚園芸では、主に道の駅でネコクサ、ポインセチア、パンジー等の生け花の卸売りをさせて頂いております。ネコクサ(ペットグラス)はペットが食べても害がないので、ペットの健康のために是非ご利用下さい。無農薬で大切に育てました植物を栽培しておりますので、ご用命の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ともに贈りたいメッセージ・ポインセチアの花言葉とは?

こんにちは!
埼玉県北葛飾郡にある「飯塚園芸」です。
HPをご覧くださり、ありがとうございます。


花言葉、花のプロフィールを知ることで、花をより身近なものに。
季節に合わせて飾ったり、贈り物として取り入れることができたら
毎日がより楽しく、明るく過ごせることでしょう。


ポインセチアの白屋ピンク、黄色、褐色など
様々なカラーバリエーションがあります。


原産地はメキシコ。
出回る時期は11月から3月で、最盛期は12月です。


真っ赤な花のようにみえるのは
実は花びらではなく、「苞(ほう)」という花を守る部分。


花自体は、そのなかに小さく固まっているのが見えます。
原産地ではインディアンがこの赤を「清純のシンボル」としていたほか
乳白色の樹液を解熱剤として用いていました。



ポインセチアには「幸運を祈る」という花ことばがあります。


白やピンクのものもあり、クリスマスの花として
花言葉の意味からも贈り物にぴったりの花といえます。


花も5日~1週間程度と持ちがよく、手入れもしやすいので
先様にもきっと喜ばれるプレゼントになるはずです。


古くからその美しさや香りなどが愛されてきた花たち。
そんな花の特徴をとらえて、ヨーロッパの社交界で生まれた花言葉。
今でも広く親しまれています。


特別な日にも、何気ない日常にも。
手にする人のひと工夫で、様々な表情を見せてくれる花たち。


花を楽しむのに、細かな決まりごとはありません。
自由自在にその香りと色、形をお楽しみください。



「飯塚園芸」が栽培している商品に関するご相談は
こちらからどうぞお気軽にお問い合わせください。



詳細はこちら

寄せ植えの季節に合わせたお手入れ~植物の種類ごとに冬越し対策を~

こんにちは!
埼玉県北葛飾郡にある「飯塚園芸」です。
HPをご覧くださり、ありがとうございます。


ネコクサをはじめ、パンジー、ポインセチアなどの植物を卸・販売しております。
田んぼに囲まれた、のどかな環境でいろんな植物を栽培しています。
弊社の育てる植物は、すべて無農薬なのも大きな特徴です。


冬から春に咲くパンジーなどの1年草。
株の大きさはあまり変わらないまま、花を咲かせるものが多いので
寄せ植えに多く活用されている植物です。


さまざまなカラーバリエーションもあって
アレンジしやすく、リーフとの組み合わせも相性が良いです。


冬は、成長が遅かったり、休眠する植物も多くあります。
冬の間は植え替えなどといった負担のかかることは控えておきましょう。
宿根草の切り戻しや剪定は、休眠期に入る前に済ませておくことが無難です。


ベランダのコンテナは、地植えよりも気温が高くなりますが
寒さに弱く、屋外で冬越しできないものもあります。
暖かい地域原産の植物は、室内に入れて冬越ししましょう。


冬に園芸店に出ている植物というのは、ハウスで育てられたものが多くあります。
本来冬越しできる種類でも、いきなり屋外に出して育てると
元気がなくなってしまうケースも少なくありません。



植物の1年のサイクルを知って、季節に合ったお手入れをすることが
株を長く楽しめるコツといえます。大切に育てた植物が成長すると
愛らしさもひとしお。季節の移り変わりをより楽しむことができるでしょう。



「飯塚園芸」の取り扱う商品に関する
お問い合わせはこちらから



詳細はこちら

寄せ植えで手軽に季節を楽しめる「コンテナガーデニング」を始めてみませんか?

こんにちは!
埼玉県北葛飾郡にある「「飯塚園芸」です。
HPをご覧くださり、ありがとうございます。


花のつぼみが開き、コンテナに色があふれてくると
それだけで季節の移り変わりを感じることができます。


ガーデニングを楽しみたいとお考えの方は
まず、ひと鉢の寄せ植えコンテナから始めてみませんか?


庭がなくても植物を育てられるのが、コンテナガーデンの魅力です。
「花でいっぱいにしたい」「緑を茂らせて爽やかにしたい」など
思い描いた理想のベランダをカタチにすることができますよ。


素材や形からコンテナを選んだら、好きな花やカラーリーフを植えましょう。
花色を考えたり、違ったタイプの葉を入れたりして
寄せ植えの作り方にルールはありません。


ちょっとした変化でも、ニュアンスが変わるのも寄せ植えの面白さです。
自由自在に楽しんでみませんか?



シーズンいっぱい花が次々と咲く「1年草」も美しさがあります。
じっくりと育てて、翌年も花を咲かせる「宿根草」も魅力があります。


自由なアレンジで、お気に入りのひと鉢を創ることで
ご自身の気持ちにも変化が起きていることを実感いただけるはずです。


植物の成長とともに、少しづつ手を加えながら作っていく過程も
ガーデニングの面白さの一つです。


「飯塚園芸」の商品は、全て無農薬で育てております。
季節に合わせて出荷しておりますので、お問い合わせください。



お問い合わせはこちらから



詳細はこちら